1. HOME
  2. ホームページ作成の小技
  3. 太字にする [Word pressの基本操作] ---東京|さくっとHP制作

TECHNIQUES

ホームページ作成の小技

東京のさくっとホームページのHP制作の小技

太字にする [Word pressの基本操作] —東京|さくっとHP制作

ワードプレスの文章の編集には「ビジュアル」エディターと「テキスト」エディターの2種類があり、どちらかを選ぶことができます。

投稿時に画面上部にある、2つのタブ「 ビジュアル / テキスト 」で切替が可能です。

「ビジュアル」エディターの特徴は、、HTMLやCSSが分からない人でも、文字色を変えたり文字に下線を引いたり直感的に文章を書くことができます。

「テキスト」エディターの特徴は、自分でHTMLのタグを入力できるので細かい調節が可能になります。

今回は、「ビジュアル」エディターと「テキスト」エディターのそれぞれで太字にする方法です。

 

ワードプレスのビジュアルエディターで太字にする

[ビジュアル]タブをクリックします。

ワードプレスのビジュアルエディターで太字にする [ビジュアル]タブをクリックします。

太字にしたい文字を選択します。

ワードプレスのビジュアルエディターで太字にする 太字にしたい文字を選択します。

[B](太字)アイコンをクリックします。

ワードプレスのビジュアルエディターで太字にする [B](太字)アイコンをクリックします。

 

ワードプレスのテキストエディターでスタイルシートを直書きして太字にする

[テキスト]タブをクリックします。

ワードプレスのテキストエディターでスタイルシートを直書きして太字にする [テキスト]タブをクリックします。

太字にしたい文字を下記のコードで囲みます。

<strong></strong>

ワードプレスのテキストエディターでスタイルシートを直書きして太字にする 太字にしたい文字を<strong></strong>で囲みます。

CSSで太字にしたい場合

CSSの「font-weight」を利用して太字にする方法もあります。「strong」を利用して太字にならない場合は、テーマで何かしらCSSの設定がされている可能性があります。

・スタイルを利用しての太字

font-weight: 700;

 

毎回、font-weightを記述するのは面倒ですので、テーマのCSSに以下のように追記しても良いかもしれません。

Bタグやstrongを多用するのが嫌い!SEO的にそんなに使うべきではない!っていうなら「futoji」というクラスを追加して「AddQuicktag」で使えるようにしても良いと思います。
なるべく楽して記事を書く!そんなスタイルがおすすめです。

b, strong, .futoji {font-weight: bold !important;}

※「font-weight:700;」=「font-weight:bold;」は同じ太くさです。どちらでもお好みで設定してください。
※スタイルはキャッシュされるので何度か読み込み直すか、ブラウザのシークレットやプライベートで確認しましょう!

 

設定ができない場合は、スポット対応もありますので以下からお問い合わせください。

ホームページのスポット修正依頼はこちら