1. HOME
  2. ホームページ作成の小技
  3. Wordpressのプラグイン「Classic Editor」で旧エディターに戻そう ---東京|さくっとHP制作

TECHNIQUES

ホームページ作成の小技

東京のさくっとホームページのHP制作の小技

WordPressのプラグイン「Classic Editor」で旧エディターに戻そう —東京|さくっとHP制作

WordPressのプラグイン「Classic Editor」で旧エディターに戻そう —東京|さくっとHP制作

WordPressでは2018年12月のバージョン5.0へのアップデートに伴い、新エディター「Gutenberg」がリリースされました。

Gutenbergは機能性にとても優れたエディターなのですが、
旧エディター利用者にとっては使いにくさを感じる場面が結構あるかもしれません。

・アップデートしたら、編集画面がGutenbergになってしまい使いづらい。
・今まで使っていた編集画面に戻したい。
・徐々に慣れていきたいので、新、旧併用したい。

という場合には、Wordpressの無料プラグインの「Classic Editor」をインストールして、旧エディターに戻しちゃいましょう!

 

プラグイン導入手順

ダッシュボードから、[プラグイン]→「新規追加」を選択します。

ダッシュボードから、[プラグイン]→「新規追加」を選択します。

 

プラグイン追加画面右上の検索欄に「Classic Editor」と入力し検索します。

プラグイン追加画面右上の検索欄に「Classic Editor」と入力し検索します。

 

[今すぐインストール]ボタンをクリックします。

[今すぐインストール]ボタンをクリックします。

 

インストールが完了したら、[有効化]ボタンをクリックします。

インストールが完了したら、[有効化]ボタンをクリックします。

 

WordPressのプラグイン「Classic Editor」の使い方

インストール・有効化すれば、設定不要で旧エディターが利用できるようになります。