1. HOME
  2. ホームページ作成の小技
  3. WordPressのプラグイン「PasswordProtected」で、ホームページにパスワードをかけよう ---東京|さくっとH…

TECHNIQUES

ホームページ作成の小技

東京のさくっとホームページのHP制作の小技

WordPressのプラグイン「PasswordProtected」で、ホームページにパスワードをかけよう —東京|さくっとHP制作

WordPressでホームページを作成する時、作成途中のホームページを閲覧されると掲載情報も不確かなものなので困ります。

通常ホームページを作成するときは、作り途中~完成するまではホームページにパスワード保護をかけて関係のない人に見られないようにして作成します。

昔はBASIC認証をしていたのですが、プラグインで簡単にパスワード保護が可能です。

WordPressのプラグイン「PasswordProtected」はホームページ全体に簡単に専門知識なしでパスワードを設定できるとても便利な無料プラグインです。

仕組みはとてもシンプルで、ホームページにアクセスした時にプラグイン側で設定したパスワードを入力しないとホームページを閲覧できないようになります。

初心者の方にもおススメですのでぜひチャレンジしてみて下さい!

 

プラグイン導入手順

ダッシュボードから、[プラグイン]→「新規追加」を選択します。

ダッシュボードから、[プラグイン]→「新規追加」を選択します。

 

プラグイン追加画面右上の検索欄に「Password Protected」と入力し検索します。

プラグイン追加画面右上の検索欄に「Password Protected」と入力し検索します。

 

[今すぐインストール]ボタンをクリックします。

[今すぐインストール]ボタンをクリックします。

 

インストールが完了したら、[有効化]ボタンをクリックします。

インストールが完了したら、[有効化]ボタンをクリックします。

 

WordPressのプラグイン「Password Protected」の使い方

ダッシュボードから、[設定]→「パスワード保護」を選択します。

ダッシュボードから、[設定]→「パスワード保護」を選択します。

 

パスワード保護状況にチェックを入れ、パスワードを入力し、[変更を保存]ボタンをクリックします。

パスワード保護状態にチェックを入れ、パスワードを入力し、[変更を保存]ボタンをクリックします。

 

ホームページにアクセスすると、パスワードを求める画面が表示されるようになります。

ホームページにアクセスすると、パスワードを求める画面が表示されるようになります。