1. HOME
  2. ホームページ作成の小技
  3. Wordpressのプラグイン「UpdraftPlus」で作業前にバックアップを取ろう! ---東京|さくっとHP制作

TECHNIQUES

ホームページ作成の小技

東京のさくっとホームページのHP制作の小技

WordPressのプラグイン「UpdraftPlus」で作業前にバックアップを取ろう! —東京|さくっとHP制作

会社のHPをWordPressで構築するなら、バックアップは必須事項です。

今回はWordPressのプラグイン(無料)を利用した、簡単なバックアップ方法と復元方法をご紹介していきます。

WordPressの操作に慣れていない初心者さんの場合、新着情報を新規に掲載するのは問題なくても、固定ページの情報を修正するのは、「レイアウトが崩れたらどうしよう…」「画面が真っ白になってしまったらどうしよう…」と少し気が重いもの。

そんなときは、もしものトラブルの時に備えて、作業前には WordPressのプラグイン「UpdraftPlus」でバックアップをとっておくようにすると安心です。

このプラグインを使えば、バックアップをしたい時に「今すぐバックアップ」ボタンをクリックすると、バックアップが実行されるので、作業前のルーティンにしておくとよいでしょう!

 

プラグイン導入手順

ダッシュボードから、[プラグイン]→「新規追加」を選択します。

ダッシュボードから、[プラグイン]→「新規追加」を選択します。

 

プラグイン追加画面右上の検索欄をタグにして「backup」と入力し検索します。

※プラグイン名だと表示されなかったので、タグで検索します。 プラグイン追加画面右上の検索欄をタグにして「backup」と入力し検索します。

 

[今すぐインストール]ボタンをクリックします。

[今すぐインストール]ボタンをクリックします。

 

インストールが完了したら、[有効化]ボタンをクリックします。

インストールが完了したら、[有効化]ボタンをクリックします。

 

WordPressのプラグイン「UpdraftPlus」の使い方

ダッシュボードから、[設定]→「UpdraftPlus backups」を選択します。

ダッシュボードから、[設定]→「UpdraftPlus backups」を選択します。

 

[今すぐバックアップ]ボタンをクリックします。

[今すぐバックアップ]ボタンをクリックします。

[今すぐバックアップ]ボタンをクリックします。

 

復元するときは、復元したいファイルの右横の[復元]をクリックします。

復元するときは、復元したいファイルの右横の[復元]をクリックします。